ラスベガス旅行-2015年9月

ラスベガス10日目-マフィア博物館『Mob Museum』を見学

02 /17 2017
ラスベガス・モブミュージアム こんばんは♪
 ミュウのママです。
 風邪でダウンしており…久々になって
 しまいましたが、ラスベガス旅行記
 10日目の続きをお送りします


滞在10日目の…この日。

ホテルを出る前に、ランドリールームを

利用させて頂き…お洗濯

 

 

朝食は『フォーラムショップス』にある

チーズケーキファクトリー』で♪

美味しい料理に、濃厚でホイップたっぷりの

チョコレートケーキを堪能。

 

 

 

その後、フォーラムショップスを見て廻り

ダウンタウンへと移動して来た私達。

 

 

ギフトショップを見てみたり…披露して

いたマジックに驚いたり、しばし

フリーモントストリートを散策。

 

明るいうちにダウンタウンを訪れるのは

始めてでしたが…人も多く、活気があり

なかなか新鮮な感じでした♪

 

 

 

夕方になったところで、今度は

父も興味を示していた…マフィア関連の

博物館『モブ・ミュージアム』を見学しに

行く事に。

 

 

フリーモントストリートから行くと、

ストリップを背に…右手にあるホテル

フリーモント』と『ビニオンズ』の間の

3rdストリートを北に進んだ正面にあり、

この間は歩行者天国になっているので

すぐ分かるハズ♪

 

 

フリーモントストリートから2ブロック先

という近さで、徒歩でもアッという間

 

 

 

ただ、この辺りは夜になると暗そうで…

たとえ『フリーモントストリート』から

2ブロックとはいえ、あまり治安の良くない

ダウンタウンでもあるので、明るい内に…と

やって来ました。

 

 

 

なかなか立派な建物

 

 

 

それもそのハズ、こちらの建物は

元は「郵便局」として建てられ…その後

「裁判所」としても利用されていたという

非常に立派な建造物です。

 

 

 

なので、外観を見る限り…とてもマフィア

関連の博物館とは思えない雰囲気

 

 

 

そんな歴史ある建物に感心♪

 

 

しばし、写真をパチパチ撮ったり

眺めたり…。

 

 

 

ちょっと暗くて分り難いのですが…しっかり

信号機の標識には『Mob Museum』と

表示されていました。

 

 

 

こちらの博物館は訪れる前に、ラスベガスの

歴史やマフィアに関する映画などを見てから

行くと…より楽しめるかと思います。

 

 

 

最近でこそ時間も無く…あまり見なくなって

しまいましたが、以前は「洋画」が好きで

母も私も、よく見ていたものです♪

 

 

少し古いのですが…『フラミンゴ』を

オープンさせたマフィアの話「バグジー」や

同じくマフィアの話…ロバート・デニーロ

主演の「カジノ」などを見てから行くと

良いかもしれません

 

 

 

そんな訳で…早速、中へ。

 

 

 

中に入ると…まず大きな写真が。

 

 

 

簡単な説明書きなどもありましたが

映画を見ていた私は…興味深々です♪

 

 

 

中には…こんな写真も

 

 

 

多分、この足は…死体なのでしょうか???

そう考えるとゾッとしますが…。

 

 

 

中に入り、少し進んだ所にある

チケット売り場。

 

 

 

こちらでチケットを購入します。

 

 

このチケット売り場…郵便局?

それとも裁判所??? 

の名残を感じるような造りです。

 

 

 

チケットを購入し…入場します

 

 

 

数々の写真や書類などが展示されています。

 

 

 

対象の相手がマフィアという事もあり

写真など「FBI」の捜査資料といった感じの

物が多く目立ちます

 

 

 

こういった展示物を見ていると、やはり

物騒な感じがしますが…これもまた

ラスベガスの歴史に実際にあった

事なんですよねぇ~

 

 

今の「華やかなラスベガス」からは

想像もできない、という方も多いかも

しれませんが…。

 

 

 

指名手配の写真なども。

 

 

 

何だか…生々しい写真なども展示されて

いたりしますが、事実なんですよね…。

 

 

 

そして、「FBI」が盗聴したという

殺人計画の会話なんていうのもあり

聞けるようになっています

 

 

 

当然…英語なのでイマイチ…???

 

 

 

また、写真なども「盗撮」されたと

思われる感じの写真も多数あります。

 

 

 

隠れて撮影したであろう…マークすべき

人物の写真、といった感じでしょうか。

 

 

 

他にも…当時、実際に使われていた物なども

数多く展示されています

 

 

 

ガラスケースに入っており…私も映って

しまっていますが(笑)、銃なんかも

展示されていて…妙な気分に 暑い

 

 

 

映画の中ではなく「現実にあった事」と

感じる…捜査資料や写真。

 

 

 

手書きの建物の間取り図や印の付けられた

建物の写真など。

 

 

捜査中のシーンが頭に浮かびますが…

これも実際の事なんですよね

 

 

 

こちらの写真には「×印」が…。

 

 

 

捜査資料の中の写真には、こういった印の

付いた物も多く…横に説明書きも

 

しかし…勿論、英語で書いてあるので

あまり分かりませんが(笑)

 

 

 

顔写真に付けられた印は…?

 

 

 

既に「死亡した」という意味なのか…?

 

さすがに顔写真の展示を見ると

何ともいえない気分に ・・・

 

 

 

館内は、捜査資料を展示していたり

マフィアの人達その者を紹介していたり

いくつかのブースに分かれているのですが

途中に…実際の銃が

 

 

 

ちょっとブレブレの写真ですが…

コチラには本物の銃があり、射撃の

シュミレーションができるように

なっていました。

 

 

 

以前、ロサンゼルスに旅行した際に

射撃をしてみようかと思っていたのですが

結局は行けなくて、本物を手にしたのは

この時が初めて

 

 

 

結構…重いっ

 

とは話に聞いていたのですが、実際に持って

みると…ズッシリとした重量感で、両手で

構えないと…というのも分かります。

ホントに重い~Docomo109

 

 

 

こんなので撃たれたら…と思うと

物騒な時代もあったんだな~と

しみじみ思います。

 

 

ズラーッと並んだ顔写真。

 

 

 

マフィアの顔写真もそうですが、奥さんや

小さな子供達といった家族の写真も展示

されており、この子達は…きっと、

父親のウラの顔を知らないんだろうな~

なんて思い…ちょっぴり悲しい気分に 涙

 

 

まぁ…それは、ラスベガスのマフィアに

限った事ではありませんが…。

 

 

 

そして、実際に着ていた服なども。

 

 

 

その他、帽子やサングラスといった

身に着けていた品々や…この方が所持

していたであろう銃などの展示も!

 

 

 

こちらも…家族???

と思われる、画が展示されていました。

 

 

 

こちらのブースには、切断された???

といった…上半身だけの死体のレプリカが

置かれていたり…。

 

 

結構…グロテスクな写真や展示物が

あったりするので、苦手な方は避けて

進みましょう♪

 

 

 

コチラには…パスポートが。

 

 

 

本物なのか…偽造パスポートなのかは

定かではありませんが…。

 

 

 

そして…こちら、映画「カジノ」の

出演者が演じる役の説明が書かれたボード。

 

 

 

それぞれの役どころが書かれていますが

やはり映画を見た上で…の方がオススメ

 

 

博物館の展示物の理解度も上がり、

十分に楽しめるのではないかと思います。

 

 

 

館内を更に進むと…現れた看板。

 

 

 

何て書いてあるんだろう???

 

 

と…気を取られていたら、うっかり

ドアを間違ってしまったようで ・・・

気付けば、外に出てしまった私達。

 

 

アレ???

しかも…建物の裏側で、何もなーい

慌てて中に戻るも…何やら、薄暗く

エレベーターホールのようですが

何をどう間違えたのか、よく分からない

場所に…。

 

 

 

で、表側に回り…事情を説明して入り

直そうかとも思いましたが、それもまた

面倒かも…と、結局そのまま外へ出て

諦めました(笑)

 

 

 

何だか…中途半端でビミョーでしたが、

結構な時間が経っていたので…そのまま

フリーモントに戻る事に。

 

 

 

博物館の前の横断歩道を渡った先から

歩行者天国になっているので、徒歩の

移動も…楽チン♪

 

 

 

外は少し日が傾き…薄暗くなり始めて

きていました。

 

 

 

横断歩道を渡り…歩行者天国になっている

3rdストリートで、博物館をバックに… カメラ

 

 

 

うっかり外へ出てしまい…何だか中途半端な

気分でしたが、展示物の数も非常に多くて

非常に見応えがあり、十分に楽しめました

 

 

今となっては、超一流のショーから…有名な

高級レストランが集まり、カジノだけでなく

華やかなエンターテイメントの街、といった

イメージのラスベガスですが、過去には

マフィマが牛耳る物騒な街でもあったのも

また事実で、そんな歴史を見てみるのも

ある意味、面白いかもしれませんネ♪

 

 

そんな訳で…『モブ・ミュージアム』を後に

フリーモントストリートに戻ります。

 

 

 

次は、フリーモント沿いにある高級ホテル

ゴールデンナゲット』を散策しま~す♪

 

 


◆ブログランキングに参加中です◆
  1クリックして頂けると嬉しいです♪
 ↓  ↓  ↓
●人気ブログランキング●


 ●にほんブログ村●

 




 

コメント

非公開コメント